Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

AutoLayoutの実例(2)

| Comments

はじめに

前回、AutoLayoutの実例(1)にて、
UITableViewCell 内に長さの異なる UILabel を持った UIStackView がある場合』の AutoLayout について説明しました。

今回は『 UITableViewCell 内に条件次第で isHiddentrue になるパーツを持つ UIStackView がある場合』
AutoLayout について説明したいと思います。

UITableViewCell 内に条件次第で isHiddentrue になるパーツを持つ UIStackView がある場合

下図のようなレイアウトを実現する場合

UITableViewCell内に条件次第でisHiddenがtrueになるパーツを持つUIStackViewがある

これは前回のサンプルの、

  • subTitleLabel は文字列 GOOD 固定
  • titleLabel には可変長の文字列を表示する
  • titleLabel のすぐ右隣に subTitleLabel を表示する(要素は全て左詰め)
  • 画像は固定サイズで表示する

に加えて、以下仕様をプラスしました。

  • hiddenLabel1 (条件次第で非表示になるオレンジ色のラベル)が titleLabel 等の下に配置
  • hiddenLabel2 (条件次第で非表示になる茶色のラベル)が更にその下に配置
  • button が更にその下に配置
  • 条件次第で hiddenLabel2button がセットで非表示になる
  • 条件次第で hiddenLabel1hiddenLabel2 , button が非表示になる

レイアウトの構成

xib 上のUIパーツは下図の通りです。

xib上の構成

構成について説明します。

  • 画像、 titleLabel , subTitleLabel は前回に引き続き1つの UIStackView 内に要素を配置しています
    • これは3つの要素の横の関係性が場合によって変化する仕様に対応するためです。

画像, titleLabel, subTitleLabelを囲むUIStackView

  • hiddenLabel2button は条件次第で同時に非表示になるため、UIStackViewで囲みます

hiddenLabel2とbuttonを囲むUIStackView

  • 条件次第で hiddenLabel1 , hiddenLabel2 , button が一気に非表示になるため、さらに UIStackView で囲みます

hiddenLabel1, hiddenLabel2, buttonを囲むUIStackView

  • 非表示になったときに、Cellの高さが動的に変わるように、全要素を UIStackViewで囲みます

全要素を囲むUIStackView

Cellの高さを要素の表示/非表示状態次第で可変にする

ContentView と全要素を囲む UIStackViewの間に Constraint を付与するだけです。

ContentViewと全要素を囲むUIStackViewの間にConstraintを付与する

以前、iOS10とiOS11で比較するUIStackViewのhiddenとConstraintエラーで説明しましたが、 iOS11からは UIStackViewisHidden = true にしても、Constraint エラーは出なくなったので、 かなり扱いやすくなっています。

まとめ

さて、今回の実例は前回の実例の追加版といった位置づけで書いてみました。
UITableViewCell で、条件により表示/非表示を切り替えて、動的に高さを変更する場面は多いと思います。
今は AutoLayout さえ正しく使えば簡単に対応できる内容となっていますので、必ず覚えておきましょう。

次回はもう少し複雑な AutoLayout の実例を紹介できればと思います。
ということで本日はここまで。

Comments