Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

iOS11から使える非常に便利な『setCustomSpacing』

| Comments

はじめに

UIStackView は様々なシーンで、 AutoLayout を飛躍的に使いやすくしてくれました。
一方で、まだまだ改善の余地ありと感じさせられるところも多く、部分的に困るiOSエンジニアもいたのではないかと思います。

例えば、
『同一スペースを持つ複数Viewをレイアウトする』のには、
UIStackView が非常に有効であるものの、
『一部異なるスペースを持った複数Viewをレイアウトする』には、
あまり向いているとは言えない
といったことなどです。

今回はiOS11から上記例が解消されたことを紹介したいと思います。

題材の説明

まずは題材の説明です。

  • UILabel 3つを表示
    • 上から labelA , labelB , labelC とする
  • UILabel のスペースが異なる
    • labelAlabelB 間のスペースは 50.0pt
    • labelBlabelC 間のスペースは 8.0pt

iOS10まで

iOS10までは、多重に UIStackView を利用する必要がありました。
それぞれに spacing を指定するしか方法がなかったからです。

多重にUIStackViewを生成

複雑な画面であればあるほど、 UIStackView が多重化し、 xibstoryboard の編集が重くなります…

iOS11以降

iOS11では1つの UIStackView でこの状況を打破することができます。

構成はたったのこれだけで…

1つのUIStackView

あとはソースコードで spacing をカスタム化することで実現できます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
// SampleViewController.swift

import Foundation
import UIKit

class SampleViewController: UIViewController {

    @IBOutlet private weak var stackView: UIStackView!
    @IBOutlet private weak var labelA: UILabel!
    @IBOutlet private weak var labelB: UILabel!
    @IBOutlet private weak var labelC: UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

        if #available(iOS 11.0, *) {
            stackView.setCustomSpacing(50.0, after: labelA) // ここが重要!!!
        } else {
            // iOS10.x以下は利用不能
        }
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

まとめ

さて如何でしたでしょうか?
昨年までは、iOS10.xカスタマーも健在で、なかなか setCustomSpacing を利用するメリットが少なかったように思われます。
しかし、今年はiOS12が登場しますし、自然とiOS11以上をサポート対象とするアプリも増えてくることでしょう。
今年だからこそ setCustomSpacing は重要な改善の1つなのだと筆者は思います。

と言ったところで本日はここまで。

Comments