Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

This Is a Feature to Warn You That There Is Already a Delegate の対応 ~ RxSwiftでUITableViewのリロード時にクラッシュする問題にぶつかった ~

| Comments

はじめに

今回は表題にあるクラッシュ問題についてのメモです。
単純な話だったけど、しばらくハマってました笑

取り組んでいた内容としてはシンプルで、

  • RxSwift を利用していた
  • RxDataSources を利用しようとした
  • UITableViewCell 削除アクションを Rx っぽく書きたかった

というものです。

UITableView の初期描画はうまくいくものの、 Cell 削除アクションを実行するとクラッシュしていました。

では早速内容について見ていきましょう。

RxDataSourcesを使ってみよう!

| Comments

はじめに

さて今回は RxDataSources の使い方について見ていきたいと思います。

RxDataSources を利用することで、
Cell の選択/移動/削除などの扱いが書きやすくなるとのことのようです。

では早速見ていきましょう。

5年前に初めて個人開発したアプリを再構築している話

| Comments

はじめに

今年もやってきましたAdvent Calendarの季節!
こちらは個人開発 #2 Advent Calendar 2018の12日目の記事です。

今年は、5年前に初めて個人開発したアプリを再構築している話を思い出を交えながら書こうと思います。
とは言え、絶賛再構築中なので、恐らく本記事公開日までに作り終わらないと思うのですが、それも一興ということで大目に見て頂ければと思います。

PromiseKitのフォーマット崩れに困ったらSwimatを使ってみよう!

| Comments

はじめに

基本的に、Xcode上でフォーマットをかける場合はSwiftLintを利用することがほとんどかと思うのですが、
PromiseKitの書式のようにSwiftLintでは解決できないフォーマットも一部あったため、
筆者はお試しでSwimatを使ってみていました。

必要な時だけ利用するという使い方でも十分使いやすかったため、今日はSwimatについて紹介したいと思います。

RxSwiftを勉強してみよう!(4) ~ 成功処理と失敗処理の書き方 ~

| Comments

はじめに

本日は RxSwift で、『ある条件のときのみ Observer に伝える』方法について見ていきたいと思います。
これは例えば、

  • 処理が成功した場合のみ、何か次のアクションを実行させる
  • 処理の成功/失敗で次のアクション内容を変更する

場合に必要な書き方です。
では具体的に見ていきましょう。

下からニュッと出るPickerを作ろう!

| Comments

はじめに

今日は様々記事で既に書かれている議題をあえて使おうと思います。
というのもほんのちょっとしたミスで非常にハマってしまった備忘録を残すためです。

では早速見ていきましょう。

GeolocationSampleから学ぶdelegateのRx対応

| Comments

はじめに

RxSwift を利用して MVVM アーキテクチャでアプリを開発することがあるでしょう。
その際に、ボタンタップやネットワーク通信であれば、何もやらずとも RxSwift が対応してくれていたり、 RxSwift に対応しているライブラリがあったりします。

しかし、デフォルトでは RxSwift に対応していない場合も当然あります。
ではそんなとき、どのようにして対応すれば良いでしょうか。

今日は、 delegateRx 対応について公式サンプルの GeolocationSample を元に説明してみたいと思います。

Swiftの基礎を理解しよう!(3) ~ コーディングテストから用途を見る ~

| Comments

はじめに

さて本日は久しぶりに Swift の基礎について書きたいと思います。
と言うのも、最近オンラインでのコーディングテストを日常的に解いてみているのですが、
ほとんどの場合、 Swift の基本的な書き方を求められるからです。
(それを如何に使って算数 or 数学を解くか的な問題が多いな〜と感じる今日このごろです。)

Swift もとうとう 4.2 にまで上がってきていますし、
iOSアプリの新規開発はほぼ Swift を利用する世の中になっていると思いますので、
改めて見直して損はないでしょう。