Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

iOS10とiOS11で比較するUIStackViewのhiddenとConstraintエラー

| Comments

はじめに

この記事はiOS2 Advent Calendar 2017の10日目の記事です。

本記事では今年発表されたiOS11で改善された UIStackView 周りの Constraint 対応について紹介したいと思います。
UIStackView はiOS8以前に、開発者が AutoLayout を駆使して ViewView 間のマージンやパディングを設定していた状況を一変させました。
そんな便利な存在である一方で使い方に慣れるまでに時間がかかったり、なぜかうまくいかないと悩んだりすることもしばしばあることと思います。

その中でも厄介だったのが、 UIStackView の子要素に UIStackView があり、元の UIStackView を非表示にすると Constraint エラーが発生するパターンです。

iOS10で発生するConstraintエラー

例えば、下図のような構成の View を作成する必要があったとします。

Constraintエラーが発生するパターン

このレイアウトは、

  • widthheight が 固定幅の UIView 3つを子要素として持つ Child Stack View
  • その Child Stack ViewUIButton を子要素に持つ Parent Stack View

で構成されています。
このような UIStackView の子要素に UIStackView を持つレイアウトを実装し、
何らかの条件で『表示/非表示』を切り替える仕様があったとします。
※今回のサンプルでは、SHOW or HIDE ボタンをタップ時に表示/非表示を切り替えるように実装するとします。

その場合、非表示にしたタイミングで、iOS10では下記の Constraint エラーが発生します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
[LayoutConstraints] Unable to simultaneously satisfy constraints.
  Probably at least one of the constraints in the following list is one you don't want.
  Try this:
      (1) look at each constraint and try to figure out which you don't expect;
      (2) find the code that added the unwanted constraint or constraints and fix it.
(
    "<NSLayoutConstraint:0x618000095a90 UIView:0x7ffc6dc04350.height == 44   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x610000097020 'UISV-canvas-connection' UIStackView:0x7ffc6de08680.top == UIView:0x7ffc6df0b170.top   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x610000097980 'UISV-canvas-connection' V:[UIView:0x7ffc6dc04350]-(0)-|   (active, names: '|':UIStackView:0x7ffc6de08680 )>",
    "<NSLayoutConstraint:0x6080000944b0 'UISV-hiding' UIStackView:0x7ffc6de08680.height == 0   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x6100000979d0 'UISV-spacing' V:[UIView:0x7ffc6df0b170]-(16)-[UIView:0x7ffc6dc088c0]   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x610000097a20 'UISV-spacing' V:[UIView:0x7ffc6dc088c0]-(16)-[UIView:0x7ffc6dc04350]   (active)>"
)

Will attempt to recover by breaking constraint
<NSLayoutConstraint:0x618000095a90 UIView:0x7ffc6dc04350.height == 44   (active)>

Make a symbolic breakpoint at UIViewAlertForUnsatisfiableConstraints to catch this in the debugger.
The methods in the UIConstraintBasedLayoutDebugging category on UIView listed in <UIKit/UIView.h> may also be helpful.
2017-12-09 16:46:15.542896+0900 FacebookManagerSample[94864:5445545] [LayoutConstraints] Unable to simultaneously satisfy constraints.
  Probably at least one of the constraints in the following list is one you don't want.
  Try this:
      (1) look at each constraint and try to figure out which you don't expect;
      (2) find the code that added the unwanted constraint or constraints and fix it.
(
    "<NSLayoutConstraint:0x610000097020 'UISV-canvas-connection' UIStackView:0x7ffc6de08680.top == UIView:0x7ffc6df0b170.top   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x610000097980 'UISV-canvas-connection' V:[UIView:0x7ffc6dc04350]-(0)-|   (active, names: '|':UIStackView:0x7ffc6de08680 )>",
    "<NSLayoutConstraint:0x6080000944b0 'UISV-hiding' UIStackView:0x7ffc6de08680.height == 0   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x6100000979d0 'UISV-spacing' V:[UIView:0x7ffc6df0b170]-(16)-[UIView:0x7ffc6dc088c0]   (active)>",
    "<NSLayoutConstraint:0x610000097a20 'UISV-spacing' V:[UIView:0x7ffc6dc088c0]-(16)-[UIView:0x7ffc6dc04350]   (active)>"
)

Will attempt to recover by breaking constraint
<NSLayoutConstraint:0x610000097a20 'UISV-spacing' V:[UIView:0x7ffc6dc088c0]-(16)-[UIView:0x7ffc6dc04350]   (active)>

Make a symbolic breakpoint at UIViewAlertForUnsatisfiableConstraints to catch this in the debugger.
The methods in the UIConstraintBasedLayoutDebugging category on UIView listed in <UIKit/UIView.h> may also be helpful.

これには2つの要因があります。

  1. 子要素の UIViewheight44pt 固定にも関わらず、 UIStackView が非表示 ( = height0pt ) になる
  2. UIStackView 内の子要素同士は 16pt ごとに間隔を空ける指定をしているにも関わらず、 UIStackView が非表示 ( = height0pt )になる

上記2要素を解決すれば Constraint エラーを解消することができます。

iOS10でConstraintエラーを解消する方法

では、具体的に Constraint エラーを解消してみましょう。

1つ目の原因の解決方法

先程上げた要因の1点目は Storyboard 上で解決可能です。

Storyboard上でConstraintの指定を変更する

親の UIStackView が非表示になることで、子要素の UIView0pt になる可能性があるので、ConstraintPriority999 以下にします。
これは、デフォルトの Priority1000 だからです。

2つ目の原因の解決方法

続いて要点の2点目の解決方法です。
Child Stack View が非表示になることで、3つの子要素の UIView も強制的に非表示になってしまいます。
しかし、 Child Stack View は3つの子要素である UIView16pt の間隔を空けるように指定しています。
これを解消するためには、親要素が非表示になるときに合わせて子要素も非表示にする必要があります。
※あくまでも UIStackView 内に UIStackView を持つ場合に発生し、 UIStackView 単体の場合は発生しません。

具体的に実装した解決方法は以下です。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    // MARK: - IBOutlets
    @IBOutlet private var stackView: UIStackView!
    @IBOutlet private var childrenView1: UIView!
    @IBOutlet private var childrenView2: UIView!
    @IBOutlet private var childrenView3: UIView!

    // MARK: - Properties
    private var isHidden = false  // 現在の表示・非表示の状態を保持

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

    // MARK: - IBActions
    @IBAction private func onTappedButton(_ sender: UIButton) {
        // ボタンタップ時に表示・非表示の切り替え
        showOrHideSubView()
    }
}

extension ViewController {

    func showOrHideSubView() {
        if isHidden {
            // 表示する場合
            // 自身を表示
            stackView.isHidden = false
            // 子要素を表示
            stackView.subviews.forEach {
                $0.isHidden = false
            }
            // 表示・非表示状態の更新
            isHidden = false
            return
        }
        // 非表示にする場合
        // 自身を非表示
        stackView.isHidden = true
        // 子要素を非表示
        stackView.subviews.forEach {
            $0.isHidden = true
        }
        // 表示・非表示状態の更新
        isHidden = true
    }
}

上記2点の改修を加えた上でiOS10で実行すると Constraint エラーが発生していないことがわかると思います。

iOS11でどうなるか…

ではでは、iOS11ではどうなっているのかというと…
なんとiOS10で必要だった2つの手段を取らずとも自動的に Constraint エラーが解決されています!!
いちいち @999 つけたり、 subViewshidden にしなくて良いのは手間がかからず非常に助かりますね!

まとめ

如何でしたでしょうか?
少々短めな紹介記事になってしまいましたが、地味ながら開発者が喜ぶ改善がされているiOSは改めて素晴らしいですね。
これからもバシバシ UIStackView を利用する気になってきますね!
と言ったところで本日はここまで。

Comments