Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

iOSでMapにGIFアニメーションの画像を表示したい

| Comments

MAPにGIFアニメーション画像を表示したい

最近、ネイティブアプリ開発を再び始めました。そこでマップ上にアニメーションGIF画像を表示しようと思ったのですが、これがなかなかうまくいかないんですね。
そのときのことについて今日は書きます。

iOSのMapライブラリにはApple標準提供のMapKitとGoogleが提供するGoogle Maps SDK for iOSがあります。
当然のことながら標準のMapKitの方が導入は簡単です。(Google Mapsの利用にはそれなりに導入手順があります。ただ、ここで挫折しなければ実はかなり使いやすいのではないかと。)

Google Mapsの導入手順については下記を参考にすると良いと思います。
Google Maps SDK for iOSの導入手順 – Qiita
Google Maps SDK for iOSの使い方 – 目くじら日記

Apple標準提供のMapKitを使ってみる

さて、まずは当然のことながらMapKitで試してみることにしました。そもそもMapKitライブラリを使用すると簡単にはピンの画像を変えられません。
詳しくはMapに好きな画像を配置しよう!を見てください。

MapKitにGIFアニメーション画像を配置するべく、LBGIFImageを利用しました。非常に簡単に利用できるので、ぜひLBGIFImage – GitHubからダウンロードしてみてください。 しかし、MapKitではGIFアニメーション画像を表示することができませんでした。アノテーション(Mapにさすピン)をGIFアニメーションで置き換えることができないのか定かではないのですが、うまくいきませんでした。

Google Maps SDK for iOSを使ってみる

次にもしやGoogle Maps SDK for iOSならできるのでは!?と思いつき試してみました。
結果から言いますと、超簡単にできました!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
// マーカーの作成
GMSMarker *marker = [[GMSMarker alloc] init];
// 位置の設定
marker.position = CLLocationCoordinate2DMake(35.659352, 139.776228);
// マーカーを地図にプロット
marker.map = mapView;
// GIFアニメーションをUIImageに設定
UIImage* image = [UIImage animatedGIFNamed:@"GIF画像名(.gifは含まない)"];
// マーカーにその画像を設定
marker.icon = image;

これだけでできます。(もちろんLBGIFImageライブラリはインポートしてください)

標準提供のMapKitを利用しているアプリでGIFアニメーションをマップ上に表示しているアプリもあるので、やり方はあるのと思います。 ただ、Google Maps SDKはとても使いやすそうなので、こっち使おうかな。

Comments