Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

SwiftでiOS&Androidアプリを開発!?〜Scadeチュートリアル〜

| Comments

はじめに

昨今、 FlutterReact Native などによるiOSアプリとAndroidアプリの同時作成が少しずつ現実的に実践されるようになってきており、
筆者的には、2010年代前半以来のリブームのように感じられる今日此頃です。

2010年代前半は、Facebookを筆頭に、最終的にはフルネイティブに舵を切り直すプロダクトが多かったイメージがあるのですが、
各種OSの浸透および安定化に伴い、今回の流れはある程度続く可能性があるのではと思わずにはいられません。

しかしながら、 FlutterDart というGoogle製の言語を利用し、
React NativeJavaScript および React の知識が必要になります。

既に Swift でのiOSアプリの開発や Kotlin によるAndroidアプリの開発に慣れているエンジニアであれば、
言語書式が比較的似ていることから、OSやIDEの違いさえ把握できれば学習コストは大幅に抑えられる可能性があります。

一方で、それでは両OSアプリの同時作成の恩恵に預かることができないため、
何か良いものがないかな〜と思っていたところ、
Scadeは、Swiftを使用してAndroidアプリ開発を可能にすることを目指す』という記事を見つけました。

これは面白そうだなということで、今回はScadeについて見てみたいと思います。

Scadeとは

公式ホームページによると、 Scade とは『次世代のモバイルアプリの開発基盤』と言われています。

具体的にできることとしては、

  • Swift 言語でiOS&Androidの両OSのアプリを開発できる
  • SCADE Simulator という Scade アプリ内で提供されているシミュレータが利用できる
  • XcodeAndroid Studio で利用している各々専用のシミュレータも利用できる
  • GUI上でアプリをデザインすることができる

などがあります。

Swift5にてABIの安定化を達成したこともあってか Scade 自体のバージョンも v1.0 に到達しています。

しかしながら、現在、最新の ScadeXcode11 ( つまり Swift5.0 )までしか対応しておらず、
お使いのMacで Xcode11.3 が入っている場合は Scade IDE 上でのコンパイルに失敗してしまうため注意が必要です。

チュートリアル – Hello World

何はともあれ、 Scade IDE を使ってチュートリアルを進めてみましょう。
Scade のドキュメントは非常に充実しており、チュートリアルとして Hello World が用意されています。

参考:Scade: チュートリアル – Hello World

上記リンク先に動画付きで説明がなされているので、大筋で困ることはないと思います。
ただ、ドキュメントが古いのか、全く同じように作成することはできなかったため、紹介がてら使い方を見ていきたいと思います。

まず、ソフトウェアのDLページですが、こちらになります。
※無料で利用できます。

プロジェクトの作成

続いて、プロジェクトの作成方法を説明します。

① ナビゲーションバーから、Scade Projectを選択する

Scadeプロジェクトを作成する

② プロジェクト名を決める

プロジェクト名を決める

これだけで、IDE上に②で指定した名前のプロジェクト名が作成されていることを確認できると思います。

IDE上に作成されたプロジェクト

レイアウトの作成

Scade の特徴でも説明したように、 XcodeAndroid Studio 同様にGUIからレイアウトを決めることが可能になっています。
今回は、『チュートリアルのHello World』ということで下図のようなレイアウトを作成します。

チュートリアルHello Worldのレイアウト

では説明していきましょう。

① main.pageファイルを開く

main.pageファイルを開く

② 右メニューのPaletteのWidgetsからLabelとButtonをドラッグ&ドロップする

右メニューのPaletteのWidgetsからLabelとButtonをドラッグ&ドロップする

③ 右メニューのPaletteのLayoutsからGrid1つとVertical2つをドラッグ&ドロップする

右メニューのPaletteのLayoutsからGrid1つとVertical2つをドラッグ&ドロップする

④ Grid内にVerticalを2つ子要素として追加し、それぞれのVerticalの子要素としてLabelとButtonを追加する

Grid内にVerticalを2つ子要素として追加し、それぞれのVerticalの子要素としてLabelとButtonを追加する

⑤ Gridの上下左右にレイアウトを設定する

Gridの上下左右にレイアウトを設定する

⑥ Label側のVerticalのレイアウトを設定する

Label側のVerticalのレイアウトを設定する

⑦ Button側のVerticalのレイアウトを設定する

Button側のVerticalのレイアウトを設定する

⑧ Labelのレイアウトと色を設定する

Labelのレイアウトと色を設定する

⑨ Buttonのレイアウトと色を設定する

Buttonのレイアウトと色を設定する

実行処理の実装

今回のチュートリアルでは、下記機能を持たせます。

  • ボタンをタップしたときにラベルの文字列を変更する

これを実現するために、 main.page.swift ファイルを開き、実行処理を書きます。

main.page.swiftファイルに実行処理を書く

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
// main.page.swift
import ScadeKit

class MainPageAdapter: SCDLatticePageAdapter {

  // page adapter initialization
  override func load(_ path: String) {        
      super.load(path)

    // ①
      let button1 = self.page!.getWidgetByName("button1") as! SCDWidgetsButton

    // ②
      button1.onClick.append(SCDWidgetsEventHandler{ _ in
      // ③
          let label =  self.page!.getWidgetByName("label1") as! SCDWidgetsLabel
          label.text = "Swift on Android rocks"
      })
  }
}

処理内容を説明すると、下記の通りです。

getWidgetByName を使ってボタン要素を取得しています
onClick でボタンのタップを補足し、 append で処理を追加しています
③ ラベルの文字列変更のために getWidgetByName で取得したラベルの text に変更したい文字列を代入しています

シミュレータでの確認方法

左上からターゲットとなるプロジェクトを選択すると、実行するシミュレータを選択できます。

シミュレータでの確認方法

シミュレータを選択した後で、三角の実行ボタンを押下することでシミュレータを実行できます。

実行したシミュレータ

因みに、下図のように簡単にシミュレータの端末を変更する機能も備わっています。

シミュレータの端末を変更

まとめ

さて、如何でしたでしょうか?
SwiftでiOS/Androidアプリを同時に開発できるなんて夢のような企画ですよね!

ただ、

  • Swiftバージョンへの追従ができていない
  • Scade のIDEが Eclipse ベースでもっさりしている
  • Xcode と同じ名称の部品があるので、同じように使えると思うと案外うまくいかない

といった課題も感じました。

しかしながら、 Scade が実用レベルに到達するようになれば、 FlutterReact Native と同じく1つの選択肢として普及するようになる可能性もあることでしょう…

まあ、今回は単純に発想が面白かったということで紹介にとどめたいと思います。
と言ったところで本日はここまで。

Comments

Included file 'google_plus_one.html' not found in _includes directory