Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

参照渡し(inout)と『Exclusive Access to Memory』

| Comments

はじめに

今回は Exclusive Access to Memory のクラッシュについてメモ書きしておきたいと思います。

筆者がこのクラッシュにあったのは、不用意にメソッドの引数を『参照型』にしてしまったためでした。
本記事では、 参照渡し値渡し を説明しつつ、 Exclusive Access to Memory について見ていきたいと思います。

値渡し、参照渡しとは

まず、値渡しと参照渡しについて説明します。

  • メソッドの引数を 値型 にした場合
    • 引数に渡されるのはコピーされた値です
    • メソッド内でその値を変更しても、元の値には影響ありません(コピーされているので)
  • メソッドの引数を 参照型 にした場合
    • 引数に渡されるのは、値のメモリ上のアドレスです
    • メソッド内でその値を変更すると、元の値にも影響があります

Swiftでの値渡し、参照渡し

Swift では特に何も手を加えなければ、メソッドの引数は 値渡し として処理されます。
これを 参照渡し にしたい場合は引数の型の前に inout をつける必要があります。

つまり、

1
2
3
4
5
6
7
8
9
/// 値渡しの場合
func hoge(array: [Int]) {
    ...
}

/// 参照渡しの場合
func fuga(array: inout [Int]) {
    ...
}

ということです。

Exclusive Access to Memoryとは

このエラーメッセージは、
『同じメモリに同時にアクセスすることを禁じる』
ことを指し示しています。

参照渡し は値のメモリ上のアドレスにアクセスするため、
参照渡し の場合に気をつけなければなりません。

因みに、これはSwift4で取り入れられた制御とのことです。
詳しくは下記参照のこと…
0176-enforce-exclusive-access-to-memory.md

Exclusive Access to Memoryに遭遇した場合の解決方法

では、どうやって解決すれば良いのでしょうか。
考えられる手法としては下記2つかなと思っています。

  • メモリへのアクセスタイミングをズラす
  • 参照渡し から 値渡し に変更する

前者で解決するのであればそれに越したことはないのですが、
iOSの LifecycleメソッドDelegateメソッド など、こちらでタイミングをズラすことのできない場合は、 値渡し に変更せざるを得ないこともあるでしょう。

まとめ

参照渡しを利用するときは、メモリアクセスに十分注意して設計する必要がありますね。
と言ったところで本日はここまで。

Comments

Included file 'google_plus_one.html' not found in _includes directory