Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

RxSwiftを勉強してみよう!(4) ~ 成功処理と失敗処理の書き方 ~

| Comments

はじめに

本日は RxSwift で、『ある条件のときのみ Observer に伝える』方法について見ていきたいと思います。
これは例えば、

  • 処理が成功した場合のみ、何か次のアクションを実行させる
  • 処理の成功/失敗で次のアクション内容を変更する

場合に必要な書き方です。
では具体的に見ていきましょう。

サンプルを元に書き方を学ぼう

具体的なサンプルを見ながら書き方を学んでいきたいと思います。
今回のサンプルのアーキテクチャは MVVM を採用します。

各役割は

  • Model : ビジネスロジック
  • View : ユーザ操作のキャッチと実描画処理
  • ViewModel : プレゼンテーションロジック

となります。
早速、サンプルを見ていきましょう。

検索ボタンをタップした結果を表現する

サンプルを例に考えます。

サンプルの前提
  • 検索ボタンをタップすると、レストラン検索APIを叩く
  • レストラン検索APIの取得が成功した場合、マップにレストランの場所を示すマーカを配置する
  • レストラン検索APIの取得が失敗した場合、エラーメッセージを表示する
Viewにユーザ操作のキャッチ部分を書く

まずは、 ViewController.swift に「ユーザ操作のキャッチ」部分を書きます。
※必要のない処理は省略します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
// ViewController.swift
import UIKit
import RxSwift
import RxCocoa
import GoogleMaps

class ViewController: UIViewController, Injectable {
    ...
    // MARK: - IBOutlets
    @IBOutlet weak private var mapView: GMSMapView!
    @IBOutlet weak private var searchButton: UIButton!

    // MARK: - Properties
    private let viewModel: ViewModel
    ...

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        ...
        bind()
    }

    func bind() {
      // ユーザの検索ボタンのタップ操作をキャッチ
      searchButton.rx.tap
          .bind(to: viewModel.searchButtonDidTap)
          .disposed(by: disposeBag)
    }
    ...
}
ViewModelにViewからのインプットをハンドリング&レストラン検索APIを叩く

続いて、上記で書いた viewModel.searchButtonDidTapViewModel に定義します。
View からユーザのタップ操作が伝えられた時に、レストラン検索APIを叩く処理も書きます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
// ViewModel.swift
import Foundation
import RxSwift
import RxCocoa
import GoogleMaps

final class ViewModel: Injectable {

    struct Dependency {
        let apiClient: GooglePlacesAPIClient
        let locationManager: LocationManagerClient
        let coordinate: CLLocationCoordinate2D
    }
    private let disposeBag = DisposeBag()
    ...

    // MARK: PublishSubjects
    private let searchButtonDidTapStream = PublishSubject<Void>()

    // MARK: BehaviorSubjects
    private let placesStream = BehaviorSubject<Places>(value: defaultPlaces)
    private let errorStream = BehaviorSubject<String>(value: String())

    init(with dependency: Dependency) {
        let apiClient = dependency.apiClient
        let locationManager = dependency.locationManager
        var coordinate = dependency.coordinate

        ...

        // 検索ボタンタップ時に、レストラン検索APIを叩く
        let state = searchButtonDidTapStream
            .flatMapLatest { _ -> Observable<Result<Places>> in
                return apiClient.fetchRestaurants(coordinate: coordinate)
            }

        ...
    }
}

// MARK: Input
extension ViewModel {
    var searchButtonDidTap: AnyObserver<()> {
        return searchButtonDidTapStream.asObserver()
    }
}

// MARK: Output
extension ViewModel {
    var places: Observable<Places> {
        return placesStream.asObservable()
    }

    var error: Observable<String> {
        return errorStream.asObservable()
    }
}

上記のように、 View からのインプットとして searchButtonDidTap プロパティを用意します。
インプットがあった場合に、 searchButtonDidTapStream.asObserver() することで、呼び出しを伝搬する仕組みになっています。
その中で apiClient.fetchRestaurants(coordinate: coordinate) を叩いています。

ViewModelにレストラン検索APIの取得成功/失敗の処理を書く:パターン1

この apiClient.fetchRestaurants(coordinate: coordinate) の結果次第で View に表示させる処理を変えたいと思います。
GooglePlacesAPIClient クラスの fetchRestaurants の戻り値の定義は以下とします。

1
func fetchRestaurants(coordinate: CLLocationCoordinate2D) -> Observable<Result<Places>>

上記の ResultPlaces の定義は以下とします。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
// Result.swift
enum Result<T> {
    case success(T)
    case failure(error: Error)
}

// Places.swift
public struct Places: Codable {

    public var results: [Place]
    public var status: String
    public var htmlAttributions: [String]
}

Place の定義の紹介は省略します。

準備ができたので、レストラン検索APIの取得成功/失敗の処理を見ていきましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
// ViewModel.swift
private static let defaultPlaces = Places(results: [], status: R.string.common.ok(), htmlAttributions: [])

...

// 検索ボタンタップ時
let state = searchButtonDidTapStream
    .flatMapLatest { _ -> Observable<Result<Places>> in
        return apiClient.fetchRestaurants(coordinate: coordinate)
    }

// 処理が成功した場合
state
    .flatMapLatest { result -> Observable<Places> in
        switch result {
        case let .success(value):
            return Observable.just(value)
        default:
            return Observable.just(ViewModel.defaultPlaces)
        }
    }
    .bind(to: placesStream)
    .disposed(by: disposeBag)

// 処理が失敗した場合
state
    .flatMapLatest { result -> Observable<String> in
        switch result {
        case let .failure(error):
            return Observable.just(error.localizedDescription)
        default:
            return Observable.just(String())
        }
    }
    .bind(to: errorStream)
    .disposed(by: disposeBag)

上記では、処理が成功した場合と失敗した場合の処理を書いています。
処理が成功した場合はアウトプットである placesStream を経由して View に描画指示を出しています。
処理が失敗した場合はアウトプットである errorStream を経由して View に描画指示を出しています。

Viewに描画処理を書く

ViewModel から指示の渡った後に View で実際に描画する処理を書きます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
// ViewController.swift
private func bind() {
  ...
  viewModel.places
      .bind { [weak self] places in
          guard let strongSelf = self else { return }
          let results = places.results
          if results.count > 0 {
              strongSelf.mapView.clear()
              results.forEach({ (place) in
                  // マップにマーカを配置します
                  strongSelf.putMarker(place: place)
              })
          }
      }
      .disposed(by: disposeBag)

  viewModel.error
      .bind { [weak self] message in
          guard let strongSelf = self else { return }
          if message.count == 0 { return }
          // エラーメッセージをアラートに表示します
          strongSelf.showAlert(message: message, completion: {})
      }
      .disposed(by: disposeBag)
}
ViewModelにレストラン検索APIの取得成功/失敗の処理を書く:パターン2

パターン1で手法を一つ書きましたが、筆者的には

  • View に条件分岐などのロジックが必要になってしまう
  • ViewModelbind 先のオブジェクトの型は1つなので無駄な処理を書かざるを得ない
    • 処理成功の場合の return Observable.just(ViewModel.defaultPlaces)
    • 処理失敗の場合の return Observable.just(String())

というところが微妙だと感じています。

上記を踏まえて、もう1つ別の方法を書きます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
// ViewModel.swift
// 検索ボタンタップ時
searchButtonDidTapStream
    .flatMapLatest { _ -> Observable<Result<Places>> in
        return apiClient.fetchRestaurants(coordinate: coordinate)
    }.subscribe { [weak self] event in
        guard let strongSelf = self else { return }
        guard let element = event.element else { return }
        switch element {
        case let .success(result):
            Observable.just(result)
                .bind(to: strongSelf.placesStream)
                .disposed(by: strongSelf.disposeBag)
        case let .failure(error):
            Observable.just(error.localizedDescription)
                .bind(to: strongSelf.errorStream)
                .disposed(by: strongSelf.disposeBag)
        }
}.disposed(by: disposeBag)

これであれば、 View の方のロジックも下記のように多少減らすことができ、スッキリします。
( あっても困らない条件分岐ではありますけどね… )

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
// ViewController.swift
private func bind() {
  ...
  viewModel.places
      .bind { [weak self] places in
          guard let strongSelf = self else { return }
          let results = places.results
          strongSelf.mapView.clear()
          results.forEach({ (place) in
              // マップにマーカを配置します
              strongSelf.putMarker(place: place)
          })
      }
      .disposed(by: disposeBag)

  viewModel.error
      .bind { [weak self] message in
          guard let strongSelf = self else { return }
          // エラーメッセージをアラートに表示します
          strongSelf.showAlert(message: message, completion: {})
      }
      .disposed(by: disposeBag)
}

まとめ

さて如何でしたでしょうか?
筆者的には、まだまだ全然 RxSwift の修行が足りないので、もっと良い書き方を学んでいきたいと思います。
と言ったところで本日はここまで。

Comments