Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

ストレングス・ファインダー2.0で自分の強みを把握してみた

| Comments

はじめに

筆者が初めて ストレングス・ファインダー に出会ったのは社会人3年目に差し掛かる頃だったと思います。
研修で自身の強みを知るために、 ストレングス・ファインダー を活用したことが、つい最近のように思い出されます。
ただし、当時は、興味半分&面白半分といった感情でしかなく、そこまで真剣に自身の強みを考えてはいませんでした。

それから月日は流れ…
なんと、 ストレングス・ファインダー2.0 が発売されました。
「これはやらねば!!」ということで、久々に自身の強みを出してみました。

34の強みリスト

早速、 ストレングス・ファインダー2.0 のアンケートに答えて、34の強みを出してみました。
※34全ての強みを知るには書籍購入に加えて$69支払う必要があります。

34の強み

上記を見ると、

  • 実行力 のほとんどが上位
  • 影響力 のほとんどが下位
  • 人間関係構築力 が真ん中に集まっている
  • 戦略的思考力 は全体的に散らばっている

ことがわかります。
また、34の強みの中でのTOP5は

  1. 達成欲
  2. 学習欲
  3. 慎重さ
  4. 内省
  5. 調和性

となっています。
これはストレングス・ファインダーの書籍に書かれた説明を読むと『しっくりくるとしか言いようがないくらい』しっくり来ています笑

例えば、

  1. 達成欲
    昔からなんだかんだ言って、忙しいこと自体は嫌いじゃない。
  2. 学習欲
    自己研鑽が大好き。結構、本を読む。
  3. 慎重さ
    最近、リーダー業務が多く、決断を下すことが増えてきたからかも。
  4. 内省
    脳内フル回転を人知れずよくしている。集中しすぎて降車駅を過ぎることもしばしば…
  5. 調和性
    基本的に衝突が嫌いなので、どうすれば納得感を持った整理できるか追いかけがち

みたいな感じです。

便利なストレングス・ファインダーアプリ

確か、4〜5年前はなかったと思うのですが、今はWEBだけではなく、アプリでも自身の強みを簡単に確認することができます。
CliftonStrengths™をぜひ使ってみましょう。

CliftonStrengths™ アプリ

まとめ

さて、今回は趣向を変えて、自身の強みを見てみました。
折角の機会なので、更に ストレングス・ファインダー を読み込んで、自分の強みをどう活かしていくと良いのか理論的に考えられるようになれればと思っています。

Comments