Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

足跡計 ver1.0.3の紹介

| Comments

はじめに

本日はいつもと趣向を変えて、最近作り直したアプリについて紹介したいと思います。
それは足跡計というアプリです。
これは実に3年半以上昔に作成したアプリで、v1.0.0リリース後に一度も更新をしていませんでした…。

そんな状況なので当たり前ではあるのですが、
前々からAppleより警告が来ていたものの対応せずにいたら、とうとうApp Storeから削除されてしまいました。  

最近、iOSアプリ開発を仕事でもする機会がなくなっていた筆者にとって、これを良い機会だと捉え、アプリを作り直してみることにしました。

アプリの紹介

まずはアプリの機能について紹介してみたいと思います。
基本的にはv1.0.0からそんなに変えてはいません。

アイコンはこちらになります。

足跡計のアイコン

移動経路の計測

メイン機能として 移動経路の計測 が可能です。
手順は実に簡単で、

  1. 初期画面にてタブの『開始』ボタンをタップします
  2. 計測したい精度を選択します
  3. 計測する経路のタイトルを設定します

以上となります。

移動経路の計測手順

計測したい精度の種類としては、

  • 最高精度: kCLLocationAccuracyBestForNavigation
  • 高精度: kCLLocationAccuracyBest
  • 10m誤差: kCLLocationAccuracyNearestTenMeters
  • 100m誤差: kCLLocationAccuracyHundredMeters
  • 1km誤差: kCLLocationAccuracyKilometer
  • 3km誤差: kCLLocationAccuracyThreeKilometers

となっています。

過去経路の閲覧

計測直後の経路を見ることはもちろん、過去の経路を閲覧することもできます。
また、経路表示のために配置しているアイコンを「人の足跡アイコン」と「動物の足跡アイコン」の2つを切り替えることが可能です。

さらに、もう1つの機能として、過去経路のデータをCSVファイルとしてメールで送信することができます。

過去の経路の閲覧

アプリの実装

さて、続いて、アプリの実装部分、中身について紹介したいと思います。
実コードはGitHub: footStepMeterを見て頂ければわかるのですが、かいつまんで少々説明したいと思います。

プロジェクト構成

プロジェクト構成は下記の通りです。
シンプルにMVCで実装しています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
footStepMeter
├── Enum
    └── LocationAccuracy.swift
├── Model
    ├── Location.swift
    ├── Footprint.swift
    ├── FootprintManager.swift
    ├── CustomAnnotation.swift
    └── UIImage+Extension.swift
├── View
    ├── PickerView.xib
    └── PickerView.swift
├── AppDelegate.swift
├── ViewController.swift
├── SettingViewController.swift
├── FootprintsViewController.swift
├── AboutViewController.swift
├── LicenceViewController.swift
├── HistoryViewController.swift
└── Main.storyboard

本当は ViewController系をフォルダにまとめても良かったのですが、そのままにしています。
あとMain.storyboardもViewフォルダ配下においても良かったのですが、これもそのままにしています。

利用OSSライブラリ

今回導入したOSSライブラリは以下の通りです。

  • Realm / RealmSwift
    足跡のデータを端末内部に保存するために利用しています。
    因みに、V1.0.0ではfmdbを使っていました。
  • Quick
    UIテストのために利用しています。

各クラスの説明

少し、各クラスの説明や意図についても紹介します。

Enum/LocationAccuracy.swift

わざわざ Enum/LocationAccuracy.swift を用意した理由としては、位置情報の精度は各種クラスで利用する可能性があるためです。
実際は Model/Location.swiftView/PickerView.swift で利用しています。

Model/Location.swift

位置情報関連のロジック処理を書いています。
実態は CLLocationManagerDelegate を逃した感じになっています。

Model/Footprint.swift

RealmSwiftを利用しているので、保存するモデルの形式ですね。

Model/FootprintManager.swift

RealmSwiftを用いてデータの保存/取得/削除などを管理するクラスです。

View/PickerView.swift

UIPickerViewUITableViewに負けず劣らず面倒な作業が多いので、ViewControllerからは切り離して扱っています。
Main.storyboardに配置することはできなくもないのですが、

  • 必要な機会が少ないのに、UITabBarなどの他の要素と被って配置されるのが気になる
  • 初めは非表示状態にしたい

の理由から ViewControllerself.view.addSubView(pickerView!) として要素を追加しています。

位置情報の精度を選択するときに利用するので、ピッカーの各行に精度を表示する必要があります。
そこで Enum/LocationAccuracy.swift で定義した値を利用しています。

アプリのテストについて

Quickを導入した本格的なテストを実装することを考えていたものの、実際にはあまり書けていません…

FootprintManager.swiftの単体テスト用にFootprintManagerTests.swiftを実装しました。
中身はQuickでSwiftコードのUnitテストをしよう!(2)で書いた内容です。

View系のテストも実装しようと思ったものの、下記のように途中までしか書けていません。
(というのも、View系だとUIテストの方に譲った方が実装しやすいのかなと思ったからなんですよね。)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
// ViewControllerTests.swift
import Quick
import Nimble
import RealmSwift
@testable import footStepMeter

class ViewControllerTests: QuickSpec {
    override func spec() {
        var subject: ViewController!

        beforeEach {
            // StoryboardからViewControllerを初期化
            subject = UIStoryboard(name: "Main", bundle: nil).instantiateViewController(withIdentifier: "ViewController") as? ViewController

            expect(subject.view).notTo(beNil())
            expect(subject.statusBarView).notTo(beNil())
            expect(subject.navigationBar).notTo(beNil())
            expect(subject.mapView).notTo(beNil())
            expect(subject.tabBar).notTo(beNil())
            expect(subject.currentLocationButton).notTo(beNil())
            expect(subject.countLabel).notTo(beNil())
        }

        it("countLabel default is ****") {
            expect(subject.countLabel.text).to(equal("****"))
        }

        it("User's current location move when tapped currentLocationButton") {
            subject.currentLocationButton.sendActions(for: UIControlEvents.touchUpInside)
            print(subject.mapView.region.span.latitudeDelta)
            print(subject.mapView.region.span.longitudeDelta)
            expect(String(format: "%.2f", subject.mapView.region.span.latitudeDelta)).to(equal("0.06"))
            expect(String(format: "%.2f", subject.mapView.region.span.longitudeDelta)).to(equal("0.05"))
        }
    }
}

UIテストもRecording機能を使って、少し実装したものの、やっぱり手で書かなくてはいけない部分が出てくるな〜と思い、一旦止めています。
(ま、当たり前なんですけどね。)

まとめ

さて如何でしたでしょうか?
今回はiOSアプリ開発およびSwiftコーディングのリハビリも兼ねて進めてみました。
また別のアプリ開発も考えていたりするので、完成でき次第、どんどんブログでも紹介できればと思います。

と言ったところで本日はここまで。

Comments