Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

Dockerコンテナ内のUbuntuにWebサーバーを立てよう!

| Comments

はじめに

さて、今回は前回(Docker for Macをインストールしよう!)構築したDocker内のUbuntuサーバの中で遊んでみます。
まずは、基本となるWebサーバを立てるところから始めたいと思います。

今回は最も有名であろう(Nginxも人気ですが…) Apache を利用したWebサーバの構築をしてみます。
限りなく常識に近いと思うものの、一応概要だけ紹介すると、Apacheとは下記の通りです。

  • 正式名所は「 Apache HTTP Server
  • Webサーバソフトウェア
  • Apache Licenseで無償で提供
  • 2.2系と2.4系があるがモダンなのは 2.4系

というところで早速見ていきましょう。

Host Macからアクセスするためのポートフォワード設定

これからApacheをインストールするわけですが、その前にDockerコンテナにポートフォワード設定をしてみましょう。
Docker for Macなら簡単にできます。

1.該当コンテナの設定を見ましょう

設定を見る

2.Port設定を見ましょう

Port設定を見る

3.ポートフォワードの設定を追加する

ポートフォワードの設定を追加

上記では、http://localhost:15600/でMacからアクセスできるようにしています。
localhostでなく、具体的にIPアドレスを指定しても良いようですが、今回は特に必要ないのでこれでいきます。

Apacheのインストール

まずは当然のことながらインストール作業から始めます。
DockerのUbuntuコンテナを起動した後にログインして、下記コマンドを叩きましょう。

ログインはDockerアプリに含まれている Kitematic からもできますし、コマンドでもできます。

1
2
3
4
5
6
7
// docker コンテナにログイン
$ docker exec -it <<コンテナ名>> bash

// apt-getのアップデート
$ apt-get update
// Apacheのインストール
$ apt-get install apache2

なぜ初めにapt-get updateをやっているかと言うと、これをやらずに突き進もうとした際に下記エラーが発生したためです。

1
2
3
4
5
# apt-get install apache2
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
E: Unable to locate package apache2

きちんとApacheのインストールが完了したか確認するためにバージョンを見てみましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
// バージョン確認方法(1)
$ apachectl -v
Server version: Apache/2.4.18 (Ubuntu)
Server built:   2016-07-14T12:32:26

// バージョン確認方法(2)
$ apache2 -v
Server version: Apache/2.4.18 (Ubuntu)
Server built:   2016-07-14T12:32:26

Apacheの起動確認

インストール後はデフォルトで起動していると思いますが、念のため確認しておきましょう。

1
2
$ /etc/init.d/apache2 status
 * apache2 is running

因みに、初期状態ではstartrestartコマンドを実行したときに下記警告が表示されます。

1
2
$ /etc/init.d/apache2 restart
 * Restarting Apache httpd web server apache2                                                                                                                                                           AH00558: apache2: Could not reliably determine the servers fully qualified domain name, using XX.XX.XX.XX. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message

これを回避するためには設定ファイルにServerNameを定義する必要があります。
(警告は出るものの、起動には何ら問題はありません。)

下記のように設定ファイルを開きます。

1
2
// 設定ファイルを開く
$ vi /etc/apache2/apache2.conf

続いて、ServerNameを適当な場所に定義してやりましょう。

1
2
3
4
5
6
7
// /etc/apache2/apache2.conf
// 省略
# Include list of ports to listen on
Include ports.conf

ServerName xxx.com
// 省略

これにより、エラーなく起動や再起動できることを確認できるはずです。

1
2
$ /etc/init.d/apache2 restart
 * Restarting Apache httpd web server apache2

これでApacheが起動していることが確認できたので、GETリクエストを投げてアクセスしてみましょう。
Ubuntu用のApacheデフォルトページが返却されるはずです。

1
2
3
4
5
6
$ curl http://127.0.0.1/

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  ...
</html>

Webページにアクセス

冒頭でポートフォワード設定をしたので、Apacheが起動しているのであれば、Macからページを見れるはずです!
早速見てみましょう。
設定したhttp://localhost:15600/でアクセスすると下記のようにページが表示されます。

DockerコンテナのWEBページ

便利コマンド利用するためにモジュールをインストール

Webサーバを構築する上で、あまりにもまっさらなUbuntuだったため幾つか必要なものをインストールする必要がありました。
その紹介もおまけ程度に書いておきます。

lessのインストール

毎回catコマンドで中身を見る必要性がないこともあると思います。
流石にlessくらいはインストールしておきます。

1
2
3
4
5
// lessのインストール
$ apt-get install less

// lessのバージョン確認
$ less --help

lessコマンドで色をつける

ついでにlessコマンドで色を付けて見やすくする方法を書いておきます。

1
2
// source-highlightのインストール
$ apt-get install source-highlight

Dockerコンテナ内の環境変数は.dockerenvファイル内に書きます。

1
2
3
4
// .dockerenvに下記を追加
#Source-hilight with less
export LESSOPEN="| /usr/share/source-highlight/src-hilite-lesspipe.sh %s"
export LESS='-R'

結果を反映させるために、下記コマンドを叩きましょう。

1
$ source ~/.dockerenv

vi/vimのインストール

ファイルを作成する際に必ず必要になります。

1
2
3
4
5
6
7
// vimのインストール
$ apt-get install vim

// vimのバージョン確認
$ vim -v
// viのバージョン確認
$ vi -v

curlのインストール

curlは試しにHTTPリクエストを投げてみたいことがあると思ったのでインストールしてみました。

1
2
3
4
5
6
7
8
// curlのインストール
$ apt-get install curl

// curlのバージョン確認
$ curl -V
curl 7.47.0 (x86_64-pc-linux-gnu) libcurl/7.47.0 GnuTLS/3.4.10 zlib/1.2.8 libidn/1.32 librtmp/2.3
Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps pop3 pop3s rtmp rtsp smb smbs smtp smtps telnet tftp
Features: AsynchDNS IDN IPv6 Largefile GSS-API Kerberos SPNEGO NTLM NTLM_WB SSL libz TLS-SRP UnixSockets

まとめ

さて一先ず本記事の目的は達成できました。
が、Apacheのあまりにも簡単な基礎部分しか見ていません。
引き続き、最低限の設定を見ていきたいと思っています。

と言ったところで本日はここまで。

参考

以下、ページを参考にさせて頂きました。

Comments