Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

Bolts-Swiftを使ってみよう!

| Comments

SwiftでBolts-Swiftライブラリを使ってみよう

これまで、BrightFuture, PromiseKitとPromiseライブラリについて見てきましたが、本日はFacebook製のPromiseライブラリであるBolts-Swiftを試してみたいと思います。

BoltsはこれまでもObjective-Cコードで利用されてきた有名ライブラリですが、
2016-03-18にSwift版 v1.0.0(Bolts-Swift) が公開されました。
※ Objective-C版はBolts-ObjCです。
※ 本記事執筆時点ではv1.1.0が最新となっています。

Facebookのエンジニアが開発しているため、Facebook SDKを利用する場合でも内部でBolts-ObjCが利用されています。
現在、Facebook SDKがObjective-Cで書かれているため、今後Swift化される際に、Bolts-Swiftが使われることになる可能性が高いと思います。
知っておいて損はないでしょう。

ということで早速、使い方を見ていきましょう。

Bolts-Swiftのインストール

CocoaPodsでインストールします。

1.Podfileに下記を記載

1
2
3
4
5
6
7
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.0'
use_frameworks!     // (1)

target "BoltsSwiftSample" do   // (2)
  pod 'Bolts-Swift'
end

Bolts-Swiftの場合は(1)と(2)が必須書式となります。
(書かない場合、インストール時にErrorが発生します。)

2.pod installを実行

3.処理の実装

ライブラリのインストールが完了したら、処理を書いていきましょう。

Bolts-Swiftを適用したメソッドを用意します。
※ 非同期処理を含むサンプルメソッドです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
func p_task(msg: String) -> Task<String> {
  let taskCompletionSource = TaskCompletionSource<String>()
  let queue = dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0)
  dispatch_async(queue, {
      sleep(1)
      dispatch_sync(dispatch_get_main_queue(), {
          print(msg)
          taskCompletionSource.setResult(msg)
      })
  })
                          
  return taskCompletionSource.task
}

このように定義することで、下記のように呼び出すことが可能となります。

1
2
3
4
5
6
let bt = BoltsTask()
bt.p_task("Hello").continueOnSuccessWith { (msg1) -> Task<String> in
  return bt.p_task("Good Evening")
}.continueOnSuccessWith { (msg2) -> Task<String> in
  return bt.p_task("Good Bye")
}

これを実行すれば、

1
2
3
Hello
Good Evening
Good Bye

と結果が得られます。
以上のように『ネストを浅く』、『非同期処理を直列的に書く』ことができます。

BrightFuturePromiseKitを試しに使ってきたことで思ったのが、同様の書式で書けることが多いということです。
一見、GitHub上のReadmeを読んでもわからないと思うライブラリがあった際には、用途が似ているライブラリのReadmeを見てみるのも1つの手段かもしれません。

といったところで本日はここまで。

Comments