Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

QuickでSwiftコードのUnitテストをしよう!

| Comments

Quickフレームワークを使おう!

先日、XCTestによるiOSアプリのUnit TestとUI Testについて記事を書きました。
もちろんXCTestを使って、テストをすることに問題はありません。
ですが、XCTestは非常に独特な書式で、初めて使う人には取っ付きにくいかと思います。

そんな中、注目を集めているiOSアプリ用のテストフレームワークがQuickです。
GitHubに書かれている通り、RSpec / Specta / Ginkgoにインスパイアされて開発されているため、親しみやすい書式でテストコードを書くことができます。
(筆者もこれを機に親しもうと思います笑)

これまでiOSアプリのテストコードは独特で…と避けてきた方がいましたら、ぜひ Quick を導入してみて頂ければと思います。

Quickの導入方法

では、Quickを導入しましょう。
GitHubにも書いてありますが、CocoaPodsでの導入方法は下記です。
※ 説明用のプロジェクト名を QuickSample とします。

1.Podfileの作成

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
# Podfile

use_frameworks!

def testing_pods
  pod 'Quick', '~> 0.8.0'
  pod 'Nimble', '3.0.0'
end

target 'QuickSampleTests' do
  testing_pods
end

target 'QuickSampleUITests' do
  testing_pods
end

2.CocoaPodsコマンドを実行
Podfileと同階層でpod installを実行

3.テストファイルを用意
プロジェクト作成時にQuickSampleTests.swiftを作成しておいたので、それを編集します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
// QuickSampleTests.swift
import XCTest
import Quick
import Nimble
@testable import QuickSample

class QuickSampleTests: QuickSpec {
  
  override func spec() {
      // ここにテストコードを書いていきます。
  }
}

これでQuickSpecをオーバーライドしたテスト用クラスになりました。
最低限の準備はこれで完了です。

Quickでのテストコードの書式

続いて、基本的なテストコードの書式を見ていきましょう。

1.describe:『何のテストをするのか』を記述

1
2
3
4
5
6
// テストコード
override func spec() {
  describe("天気情報をログ出力する") {
      // 「天気情報をログ出力する」ことをテストするためのコードを書いていきます。
  }
}

2.context:『どういった条件のテストをするのか』を記述

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
// テストコード
override func spec() {
  describe("天気情報をログ出力する") {
      context("晴れの場合") {
          // 天気が晴れの場合のテスト
      }

      context("雨の場合") {
          // 天気が雨の場合のテスト
      }
  }
}

3.it:『このテストはこういった結果になる』ということを記述

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
// テストコード
override func spec() {
  describe("天気情報をログ出力する") {
      context("晴れの場合") {
          // 天気が晴れの場合のテスト
          it("print out 'sunny'") {
              // 実行するテストコードをここに記述します
          }
      }

      <省略>
  }
}

4.expect('☓☓☓').to(△△△):『「☓☓☓」が「△△△」と等しい結果になる』ことを記述
ここは説明のために、テスト対象をWeather.swiftとして下記のようなコードだとします。
あくまでもexpect('☓☓☓').to(△△△)の説明であるため、Weather.getWeatherの処理は超簡単にしています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
// Weather.swift
class Weather:NSObject {
  <省略>

  func getWeather() -> String {
      return "sunny"
  }

  <省略>
}

続いてテストコードです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
// テストコード
override func spec() {
  describe("天気情報をログ出力する") {
      context("晴れの場合") {
          // 天気が晴れの場合のテスト
          it("print out 'sunny'") {
              let weather = Weather().getWeather()
              expect(weather).to(contain("sunny"))
          }
      }

      <省略>
  }
}

補足すると、

・戻り値と期待値が完全一致する場合:to(equal(△△△))
・戻り値が期待値の一部を含む場合:to(contain(△△△))

といったように使い分けましょう。

5.非同期処理のテストをする場合
これまで同期処理を見てきましたが、今度は非同期処理を見ていきましょう。

Weather.swiftクラスに非同期処理を追加します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
// Weather.swift
class Weather:NSObject {

  <省略>

  func getAsyncWeather(closure:(String) -> Void) {
      Alamofire.request(.GET, "http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?APPID=<自身のAPPIDを指定>", parameters:
          ["q":"Tokyo,jp"]).response { (request, response, data, error) -> Void in
          if(error == nil) {
              do {
                  let dataDict = try NSJSONSerialization.JSONObjectWithData(data!, options: NSJSONReadingOptions.AllowFragments)
                  let weatherArray:[AnyObject] = dataDict["weather"] as! [AnyObject]
                  let weather:AnyObject = weatherArray[0]
                  let description:String = weather["description"] as! String
                  closure(description)
              } catch {
                  clouser("exception")
              }
          }
  }

  <省略>

}

XCTestでも説明しましたが、
Swiftではスタブの代わりに manual mocking という手法を採用しています。
なので、通信処理はテストコード内で継承したクラスを作成して、そちらで定数を返すようにしましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
// テストコード
override func spec() {

  // manual mockingのための用意
  class WeatherMock:Weather {
      override func getAsyncWeather(closure:(String) -> Void) {
          closure("sunny")
      }
  }

  describe("天気情報を取得する") {
      context("晴れの場合") {
          // 天気が晴れの場合のテスト
          it("print out 'sunny'") {
              var result:String = ""
              let wm:WeatherMock = WeatherMock()
              wm.getAsyncWeather{(weather) -> Void in
                  result = weather
              }
              expect(result).toEventually(equal("sunny"))"
          }
      }

      <省略>
  }
}

因みに、非同期処理では、toではなくtoEventuallyを利用します。
expect(result).toEventually(equal("sunny"), timeout: 10)と書けば、
任意のタイムアウトを設定可能です。

その他のメソッドを探したい場合は、
Pods > Nimble > ObjCExpectation.swift > NMBExpectation を確認してみてください。
また、GitHubのNimbleも参考になります。

Quickでのテスト結果

テストの実行方法はXCTestと同じです。
Xcodeメニュー > Product > Test を選択してテストを実行しましょう。

結果は同じく、Xcodeの左メニューに表示されます。

Xcodeのテスト結果

また、ログでも細かな結果が出力されますので、
(少し見づらいですが)なぜかテストが成功しないといったことがあれば、
積極的に確認してみましょう。

さて、いかがでしたでしょうか?
今のところは XCTest もしくは Quick によるUnit テストが主流になると思います。
開発者の使いやすさに合わせて選んでみてください。

と言ったところで本日はここまで。

Comments