Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

超簡単Windows AzureでのWebサイト構築

| Comments

Windows AzureでWebサイトを構築しよう

さて、本日はWinsows Azureを使って簡単にWebサイトを構築したいと思います。
筆者は数年ぶりにWindows Azureを触ったため、UI・UXが結構変わっているなという印象を受けました。

Webアプリケーションを開発するとき、ページビューのみであれば、ローカル環境で十分でしょう。
しかし、位置情報やBeaconなどのIoT関連のアプリケーションを開発する場合、ローカル環境のWebページを閲覧できないこともあるでしょう。
そんなときはどうしてもサーバが欲しくなりますね。
筆者はWindows Azureをオススメしたいと思います。(AWSは使ったことないけど…)

それでは早速、簡単にWebサイトを構築する方法について説明しましょう。

1. ポータルサイトからサーバを新規作成

サーバを新規作成

2. Web+モバイル > Web Appを選択

サーバを新規作成2

3. Webアプリ名を決めて作成

サーバを新規作成3

4. デプロイを待つ

サーバを新規作成4

5. サーバ詳細画面に遷移

サーバの新規作成が完了

6. サーバのデプロイ完了通知を受け取る

サーバのデプロイ完了通知

7. リソースの設定

サーバにリソースを設定

※筆者の場合はGitHubのリポジトリと同期させます。

8. リポジトリの同期

リポジトリの同期

9. サーバ環境の完成

サーバ環境が完成しました

本当にたったのこれだけでWebサイトを構築できるのです。
Node.jsなどをインストールしてAPサーバを構築する場合は少々手間がかかりますが、Webサーバを構築するだけなら簡単です。
ぜひ機会があれば使ってみて欲しいものです。

Comments