Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

Android StudioにKotlinを導入しよう!

| Comments

AndroidアプリはKotlinで書く時代!?

さて、本日は久々にAndroidについて書きたいと思います。
Kotlin はどの程度、世に普及しているのでしょうか?ほとんどのAndroidアプリ開発者はJavaで開発していると思うのですが、今後はiOSのObjective-C/Swiftのように開発言語としてJava/Kotlinを選択することになるかもしれません。

KotlinはAndroid StudioのベースとなっているIntelliJを開発しているJetBrains社が開発したJVM言語であるため、Android Studioへの導入も簡単で親和性も高いらしいです。
また、iOSアプリをSwiftで開発していた開発者は書き方が似ているKotlinの方が開発が幾分か楽かもしれません。
コード補完や参照ジャンプなどの基本的なIDEサポートもあるのでAndroid Studioでも問題なくKotlinを使えるのではないでしょうか。

Kotlinの導入方法

Kotlinの導入方法を書いていきます。と言ってもほとんどないです笑。

【導入手順】

1.Android Stuioを起動
2.Android Studio > Preferences > Plugins > Install JetBrains plugin…を選択
3.リストからKotlinを選択して、Install pluginを選択 Kotlinのインストール

4.インストール完了後, Android Studioを再起動
Android Studioの再起動

5.javaパッケージをkotlinパッケージにリネーム
javaパッケージを右クリック > Refactor > Rename を選択
最終的に下図のようになればOKです。
ペッケージ名の変更

6.javaファイルをkotlinファイルに変換
javaファイルを選択して、Code > Convert Java File to Kotlin File を選択
MainActivity(メインファイル)だけでなくApplicationTestも変換しておきましょう。
kotlinファイルに変換

7.build.gradle(app)をkotlin用に修正 Tools > Kotlin > Configure Kotlin in Project を選択すると、build.gradle(app)ファイルにKotlin対応用の記述が自動で追加されます。
筆者の場合は下記のような感じになりました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'kotlin-android'

android {
  compileSdkVersion 21
  buildToolsVersion "22.0.1"

  defaultConfig {
      applicationId "com.example.kato_takahiro.kotlinsample"
      minSdkVersion 21
      targetSdkVersion 21
      versionCode 1
      versionName "1.0"
  }
  buildTypes {
      release {
          minifyEnabled false
          proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
      }
  }
  sourceSets {
      main.java.srcDirs += 'src/main/kotlin'
  }
}

dependencies {
  compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
  testCompile 'junit:junit:4.12'
  compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.3'
  compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:$kotlin_version"
}
buildscript {
  ext.kotlin_version = '1.0.0-beta-1038'
  repositories {
      mavenCentral()
  }
  dependencies {
      classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
  }
}
repositories {
  mavenCentral()
}

8.ビルドしてデバッグ
ここまでくれば設定は完了したはずなので、Build > Clean Projectしてエラーが発生しないかチェック
問題なければ、実機を繋いでデバッグしちゃいましょう!

Kotlinでコードを書いてみよう!

さて、使えることにしただけでは何なので、以前書いたAltBeaconを使ってAndroidでiBeaconを検知しようをKotlinで書き直してみました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
<省略>

// AltBeacon関連のライブラリをimport
import org.altbeacon.beacon.BeaconConsumer;
import org.altbeacon.beacon.BeaconManager;
import org.altbeacon.beacon.BeaconParser;
import org.altbeacon.beacon.Identifier;
import org.altbeacon.beacon.MonitorNotifier;
import org.altbeacon.beacon.Region;

class MainActivity : ActionBarActivity(), BeaconConsumer {
  private val TAG = "AltBeacon Sample"

  // BeaconManagerクラスの変数を定義
  private var beaconManager: BeaconManager? = null

  public val IBEACON_FORMAT = "m:2-3=0215,i:4-19,i:20-21,i:22-23,p:24-24"

  override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
      super.onCreate(savedInstanceState)
      setContentView(R.layout.activity_main)

      // staticメソッドでBeaconManagerクラスのインスタンスを取得
      beaconManager = BeaconManager.getInstanceForApplication(this)
      // BeaconParseをBeaconManagerに設定
      beaconManager!!.beaconParsers.add(BeaconParser().setBeaconLayout(IBEACON_FORMAT))
  }

  override fun onCreateOptionsMenu(menu: Menu): Boolean {
      // Inflate the menu; this adds items to the action bar if it is present.
      menuInflater.inflate(R.menu.menu_main, menu)
      return true
  }

  override fun onOptionsItemSelected(item: MenuItem): Boolean {
      // Handle action bar item clicks here. The action bar will
      // automatically handle clicks on the Home/Up button, so long
      // as you specify a parent activity in AndroidManifest.xml.
      val id = item.itemId

      //noinspection SimplifiableIfStatement
      if (id == R.id.action_settings) {
          return true
      }

      return super.onOptionsItemSelected(item)
  }

  override fun onBeaconServiceConnect() {
      // BeaconManagerクラスのモニタリング通知受取り処理
      beaconManager!!.setMonitorNotifier(object : MonitorNotifier {
          override fun didEnterRegion(region: Region) {
              // 領域進入時に実行
              Log.d(TAG, "didEnterRegion")
          }

          override fun didExitRegion(region: Region) {
              // 領域退出時に実行
              Log.d(TAG, "didExitRegion")
          }

          override fun didDetermineStateForRegion(i: Int, region: Region) {
              // 領域への侵入/退出のステータスが変化したときに実行
              Log.d(TAG, "didDetermineStateForRegion")
          }
      })

      try {
          // UUIDの作成
          val identifier = Identifier.parse("434B4666-E4B2-4B78-8C13-901AFEE3DBB6")
          // モニタリングの開始
          beaconManager!!.startMonitoringBeaconsInRegion(Region("unique-id-001", identifier, null, null))
      } catch (e: RemoteException) {
          // 例外が発生した場合の処理
          e.printStackTrace()
      }
  }

  override fun onPause() {
      super.onPause()
      beaconManager!!.unbind(this)
  }

  override fun onResume() {
      super.onPause()
      beaconManager!!.bind(this)
  }
}

こう書いてみると、確かにSwiftに似ていますね。
気になったのは下記の通りです。

  • Swiftで言うところのletがKotlinではvalと書くこと
  • Swiftで言うところのdelegateの設定の仕方とKotlinで言うところのimplementsが同じ
  • Kotlinで変数がnullのときにメソッドを実行しないよう !! が必要

これからはJavaだけでなく、Kotlinでも書けるように力を蓄えていきたいと思います。
と言ったところで本日はここまで。

参考:

Comments