Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

AndroidでBackgroundでiBeaconを検知しよう!

| Comments

AltBeaconでiBeacon検知(アプリBG起動編)

さて、以前、AltBeaconを使ってAndroidでiBeaconを検知しようで基本的な使い方を説明させて頂きました。
今回はアプリをBackgroundで起動しているときにもiBeaconを検知できるようにしてみようと思います。
Background起動だけであれば、Applicationクラスを使うことで実現できますが、
Serviceクラスを使えば、アプリをBackgroundから削除したとしても動作させることができます。

では早速、ソースコードを見て行きましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
// BeaconServiceクラス
// Serviceを拡張し、BootstrapNotifierをインターフェースとしたBeaconServiceクラス
public class BeaconService extends Service implements BootstrapNotifier {

  public static final String TAG = org.altbeacon.beacon.service.BeaconService.class.getSimpleName();
  
  // iBeaconのデータを認識するためのParserフォーマット
  public static final String IBEACON_FORMAT = "m:2-3=0215,i:4-19,i:20-21,i:22-23,p:24-24";
  // BGで監視するiBeacon領域
  private RegionBootstrap regionBootstrap;
  // iBeacon検知用のマネージャー
  private BeaconManager beaconManager;
  // UUID設定用
  private Identifier identifier;
  // iBeacon領域
  private Region region;
  // 監視するiBeacon領域の名前
  private String beaconName;

  @Override
  public void onCreate() {
      super.onCreate();

      // iBeaconのデータを受信できるようにParserを設定
      beaconManager = BeaconManager.getInstanceForApplication(this);
      beaconManager.getBeaconParsers().add(new BeaconParser().setBeaconLayout(IBEACON_FORMAT));
      // BGでiBeacon領域を監視(モニタリング)するスキャン間隔を設定
      beaconManager.setBackgroundBetweenScanPeriod(1000);

      // UUIDの作成
      identifier = Identifier.parse("A56BA1E1-C06E-4C08-8467-DB6F5BD04486");
      // Beacon名の作成
      beaconName = "MyBeacon-000206C6";
      // major, minorの指定はしない
      region = new Region(beaconName, identifier, null, null);
      regionBootstrap = new RegionBootstrap(this, region);

      beaconManager.setRangeNotifier(new RangeNotifier() {
          @Override
          public void didRangeBeaconsInRegion(Collection<Beacon> beacons, Region region) {
              // 検出したビーコンの情報を全部Logに書き出す
              for(Beacon beacon : beacons) {
                  Log.d(TAG, "UUID:" + beacon.getId1() + ", major:" + beacon.getId2() + ", minor:" + beacon.getId3() + ", Distance:" + beacon.getDistance() + ",RSSI" + beacon.getRssi() + ", TxPower" + beacon.getTxPower());
              }
          }
      });
  }

  @Override
  public int onStartCommand(Intent intent, int flags, int startId) {
      return super.onStartCommand(intent, flags, startId);
  }

  @Override
  public void onDestroy() {
      super.onDestroy();
  }

  @Override
  public IBinder onBind(Intent intent) {
      return null;
  }

  @Override
  public void didEnterRegion(Region region) {
      // 領域侵入
      Log.d(TAG, "Enter Region");
      // アプリをFG起動させる
      Intent intent = new Intent(this, MainActivity.class);
      intent.setFlags(Intent.FLAG_ACTIVITY_NEW_TASK);
      startActivity(intent);

      try {
          // レンジング開始
          beaconManager.startRangingBeaconsInRegion(region);
      } catch(RemoteException e) {
          // 例外が発生した場合
          e.printStackTrace();
      }
  }

  @Override
  public void didExitRegion(Region region) {
      // 領域退出
      Log.d(TAG, "Exit Region");
      try {
          // レンジング停止
          beaconManager.stopRangingBeaconsInRegion(region);
      } catch() {
          // 例外が発生した場合
          e.printStackTrace();
      }
  }

  @Override
  public void didDetermineStateForRegion(int i, Region region) {
      // 領域に対する状態が変化
      Log.d(TAG, "Determine State: " + i);
  }
}

領域進入時にアプリをFG起動 させているので、アプリがFG起動したらiBeacon領域に侵入したと言えます。
さあ、これでiOSとほぼ同じ挙動を実現できました。

蛇足かもしれませんが、MainActivity.javaでサービスを起動する部分も書いておきます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
// MainActivity.java

public class MainActivity extends ActionBarActivity {

  @Override
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
      super.onCreate(savedInstanceState);
      setContentView(R.layout.activity_main);

      // サービス起動
      startService(new Intent(MainActivity.this, BeaconService.class));
  }

  <省略>
}

ソースコードはこちらから。
serviceブランチを参照ください。

といったところで本日はここまで。

参考:
[Android][iBeacon] Android Beacon Library パラっと解説 その5 [バックグラウンド領域監視]

Comments