Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

Android Studioでvolley Frameworkを利用するまで

| Comments

volley frameworkを使ったプロジェクトをGitHubにアップする

本日はAndroidについて書きます。
Androidアプリを開発する上で、通信系のframeworkを使うなら、volley frameworkを選択すると思います。
非常に便利なframworkである反面、導入が面倒だったりします。
筆者はiOSエンジニアなので、CocoaPodsをよく使うのですが、如何に便利なツールなのかがよくわかりました笑

プロジェクトの作成

まずは、Android Studioでプロジェクトを作成して、GitHubにアップしましょう。

  1. Android Studioでプロジェクトを作成(VolleySampleを作成)
  2. GitHubで新規repogitoryを作成
  3. Android Studioのプロジェクトのルート(VolleySample/)配下に移動して、下記コマンドを実行しましょう。
1
2
3
4
5
6
$ echo "# VolleySample" >> README.md
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "first commit"
$ git remote add origin https://github.com/grandbig/VolleySample.git
$ git push -u origin master

下記のようになればOKです。

プロジェクトをGitHubにアップ

volleyの導入

次にvolley frameworkを自身のプロジェクトに導入します。
導入にはgit submoduleを使います。

先ほど作成したAndroid Studioプロジェクトのルート(VolleySample/)配下で下記コマンドを実行

1
$ git submodule add https://android.googlesource.com/platform/frameworks/volley modules/volley

これにより、VolleySample/.gitmodulesが作成されます。
中身はというと、

1
2
3
[submodule "modules/volley"]
  path = modules/volley
  url = https://android.googlesource.com/platform/frameworks/volley

になっているはずです。 続いて、settings.gradle(Project Settings)に下記1行を追加します。

1
include ':modules:volley'

settings.gradleの設定

そして、build.gradle(Module: app)dependenciesに1行追加しましょう。

1
2
3
4
5
dependencies {
  compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
  compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.3'
  compile project(':modules:volley') .... ここを追加しましょう
}

build.gradleの設定

ここまできたら、一旦、GradleをSyncさせましょう。
足りないものがあればインストールを求められるはずなので、その場合はインストールしておきましょう。

では、GitHubにこれまでの作業分を更新させましょう。

volleyを追加した状態でGitHubにアップ

volleyの利用

実際にvolleyを使ってみましょう。
Swift Alamofireライブラリを使ってみよう!Swift AFNetworkingライブラリを使ってみよう!で例として使ったOpen Weather Map APIをここでも利用します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
// MainActivity.java
package com.example.takahiro.volleysample;

import android.support.v7.app.ActionBarActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;

import com.android.volley.Request;
import com.android.volley.RequestQueue;
import com.android.volley.VolleyError;
import com.android.volley.Response;
import com.android.volley.toolbox.JsonObjectRequest;
import com.android.volley.toolbox.Volley;

import org.json.JSONObject;

public class MainActivity extends ActionBarActivity {
  
  private RequestQueue mRequestQueue;
  
  @Override
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
      super.onCreate(savedInstanceState);
      setContentView(R.layout.activity_main);

      if (mRequestQueue == null) {
          mRequestQueue = Volley.newRequestQueue(getApplicationContext());
      }

      // URLの指定
      String url = "http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Tokyo,jp";

      mRequestQueue.add(new JsonObjectRequest(Request.Method.GET, url, null, new Response.Listener<JSONObject>() {
          @Override
          public void onResponse(JSONObject response) {
              // 通信に成功した場合
              Log.d("VolleySample", response.toString());
          }
      }, new Response.ErrorListener() {
          @Override
          public void onErrorResponse(VolleyError error) {
              // エラーが発生した場合
              Log.d("VolleySample", error.toString());
          }
      });
  }

  <省略>

}

因みに、AndroidManifest.xmlにインターネットの通信許可を与えることを忘れずに。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
// AndroidManifest.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.takahiro.volleysample" >
  
  <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

  <application
      <省略>
  </application>
</manifest>

無事、通信が成功しましたね!
ってところで本日はここまで。

Comments