Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

Android StudioでCROSSWALKを使おう!

| Comments

Androidでハイブリッドアプリを作ろう

以前、iOSではiOS8からWKWebViewという新しいWebViewが追加されたことを説明しました。
では、Androidはどうなのでしょうか?

Androidは4.3までWebKitベースのWebViewをアプリに組み込んでいました。
しかし、Android4.4より、ChromiumベースのWebViewとなりました。ここで、大きく異なるのはレンダリングエンジンが Blink になったというところです。
また、Android4.4まではChromiumがバージョンアップされたとしても、各メーカーがAndroidのOSバージョンアップを提供しなければ、最新のWebViewを利用することができませんでした。

この現状を見たのかGoogleはAndroid5.0以降、WebViewをOSから切り離し、Google Play経由でバージョンアップ可能としました。
よって、メーカーがOSのバージョンアップをする/しないに関わらず、Google側の意志で最新のWebViewをユーザに提供可能となったのです。

近年はAndroid2.xを使っているユーザもだいぶ減少してきました。
が、未だ、Android4.0〜4.3の端末を利用しているユーザは相当数、存在しています。
では、4.x〜5.0.xまでの端末全てに対応するハイブリットアプリを作成するためには、各バージョンに気をつけつつ、開発するしかないのでしょうか?

本記事では、 CROSSWALK に注目し、上記の問題に対応することとしました。

CROSSWALKを組み込もう

まずは、CROSSWALKのレポジトリを追加できるようにしましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
// build.gradle(Module: app)
apply plugin: 'com.android.application'

android {
  ....
}

// ここを追加
repositories {
  maven {
      url 'https://download.01.org/crosswalk/releases/crosswalk/android/maven2'
  }
}

dependencies {
  compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
  compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.3'
  compile 'org.xwalk:xwalk_core_library:10.39.235.15'        // ここも追加
}

次に、CROSSWALKのWebViewである XWalkView を画面に組み込みましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
// activity_main.xml
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" android:layout_width="match_parent"
  android:layout_height="match_parent" android:paddingLeft="0dp"
  android:paddingRight="0dp"
  android:paddingTop="0dp"
  android:paddingBottom="0dp" tools:context=".MainActivity">

  <!-- XWalkViewを追加 -->
  <org.xwalk.core.XWalkView
      android:id="@+id/xwalkWebView"
      android:orientation="vertical"
      android:layout_width="fill_parent"
      android:layout_height="fill_parent"
      android:background="#000000"
      />

</RelativeLayout>

続いて、AndroidManifest.xmlにWebViewを使うための設定を書きましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
// AndroidManifest.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.takahiro.crosswalksample" >

  <!-- 追加 -->
  <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_WIFI_STATE" />

  ....

</manifest>

そして、メイン画面にWebViewの設定を書き込みましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
// MainActivity.java

package com.example.takahiro.crosswalksample;

import android.support.v7.app.ActionBarActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;
import org.xwalk.core.XWalkView;

public class MainActivity extends ActionBarActivity {
  
  private XWalkView mXWalkView;

  @Override
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
      super.onCreate(savedInstanceState);
      setContentView(R.layout.activity_main);

      mXWalkView = (XWalkView) findViewById(R.id.activity_main);
      mXWalkView.load("https://www.google.co.jp", null);
  }

  @Override
  protected void onPause() {
      super.onPause();
      if (mXWalkWebView != null) {
          mXWalkWebView.pauseTimers();
          mXWalkWebView.onHide();
      }
  }
  
  @Override
  protected void onResume() {
      super.onResume();
      if (mXWalkWebView != null) {
          mXWalkWebView.resumeTimers();
          mXWalkWebView.onShow();
      }
  }

  @Override
  protected void onDestroy() {
      super.onDestroy();
      if (mXWalkWebView != null) {
          mXWalkWebView.onDestroy();
      }
  }
}

これでAndroid4.x 〜 5.xで同じChromiumベースのWebViewを利用することができるはずです。
といったところで本日はここまで。

参考:

Comments