Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

AFNetworking2.xでWeb-APIを叩いてみた!

| Comments

AFNetworking2.x

さて、本日は今更ながら超有名ライブラリである AFNetworking を使ってみたいと思います。
ただ、単に使い方を説明するのであれば、他のサイトにお任せすれば良いので、Web-APIを使ってみる形で書きたいと思います。

今回は、
GETリクエスト: OpenWeatherMap API
POSTリクエスト: VoiceText Web API
を試してみました。

 

AFNetworking を使うためにはCocoaPodsでライブラリをインストールして、
ViewController.mで#import "AFNetworking.h"を書きましょう。

まずは、OpenWeatherMap APIを使って、GETリクエストを投げてみました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
// ViewController.m
#import "ViewController.h"
#import "AFNetworking.h"

@interface ViewController ()

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];

  // AFHTTPSessionManagerをインスタンス化
  AFHTTPSessionManager *manager = [AFHTTPSessionManager manager];

  // OpenWeatherMap APIを利用
  [manager GET:@"http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Tokyo,jp"
    parameters:nil
       success:^(NSURLSessionDataTask *task, id responseObject) {
           NSLog(@"response: %@", responseObject);
       } failure:^(NSURLSessionDataTask *task, NSError *error) {
           NSLog(@"error: %@", error);
       }
}

きちんと値が返ってきました。

続いて、VoiceText Web APIを使って、POSTリクエストを投げてみました。
VoiceText Web APIは無料利用に登録が必要なので、さくっと登録しましょう。
すぐに登録したメールにAPIキーが来ます。
これを使って、POSTリクエストを投げてみました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
// ViewController.m
#import "ViewController.h"
#import "AFNetworking.h"

@interface ViewController ()

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];

  // AFHTTPSessionManagerをインスタンス化
  AFHTTPSessionManager *manager = [AFHTTPSessionManager manager];

  // APIキーをセット
  NSString *apiKey = @"<メールで届いたAPIキー>";
  [manager.requestSerializer setAuthorizationHeaderFieldWithUsername:apiKey password:nil];

  // リクエストパラメータをセット
  NSMutableDictionary *params = [NSMutableDictionary alloc] init];
  NSString *text = @"おはようございます。";
  [params setObject:text forKey:@"text"];
  [params setObject:@"show" forKey:@"speaker"];
  [params setObject:@"ogg" forKey:@"format"];]

  // Content-Typeをセット
  [manager setResponseSerializer:[AFHTTPResponseSerializer serializer]];
  manager.responseSerializer.acceptableContentTypes = [NSSet setWithObject:@"audio/ogg"];

  // OpenWeatherMap APIを利用
  [manager POST:@"https://api.voicetext.jp/v1/tts"
     parameters:params
        success:^(NSURLSessionDataTask *task, id responseObject) {
            NSLog(@"response: %@", responseObject);
        } failure:^(NSURLSessionDataTask *task, NSError *error) {
            NSLog(@"error: %@", error);
        }
}

注意点は下記です。

  • APIキーの設定 VoiceText Web APIではAPIキーを利用する必要があるので、requestSerializerauthorizationにユーザネームとしてAPIキーを設定しましょう。
  • Content-Typeの設定 audio/oggでレスポンスを受け取る必要があるので、responseSerializerを設定しましょう。

あとは通常のNSURLSessionNSURLConnectionのPOSTリクエストと同様にリクエストパラメータをセットすれば良いのです。 正しく値が返ってきますね。

AFNetworkingの良いところはエラーでも値が返ってくるところでしょうか。
Content-Typeが対応していないのでsuccessを通らないということが一目瞭然でした。

今後は、この便利なライブラリを積極的に使っていこうかと思います。
といったところで本日はここまで。

Comments