Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

WKWebViewとUIWebViewをシミュレータで比較してみた

| Comments

WKWebViewを使ってみる

さて、本日はiOS8 SDKで新たに利用可能となった WKWebView を試してみたいと思います。
これまでSafariにしか解放されていなかった機能がいろいろと使えるとのことでこれから期待が膨らみます。
まずは、WKWebViewをアプリに実装するとことから始めましょう。

WKWebViewはUIWebViewと異なり、Storyboard上からドラッグ&ドロップで追加することができません。
よって、ソース上から追加する必要があります。

WKWebViewExampleという名前でプロジェクトを作成しましょう。
WKWebViewExampleプロジェクト

ViewController.mファイルを下記のように実装します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
#import "ViewController.h"
#import <WebKit/WebKit.h>  // WebKitをimport

// 表示するWebサイトのURlを設定
static NSString *const InitialURL = @"http://localhost/testWeb/";
// Delegateメソッドを利用できるように設定
@interface ViewController ()<WKNavigationDelegate, WKUIDelegate>
// WKWebViewを宣言
@property(nonatomic, strong)IBOutlet WKWebView *webView;

@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];

  // WKWebViewをインスタンス化
  self.webView = [WKWebView alloc] initWithFrame:self.view.bounds];
  self.webView.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = NO;
  // WKWebViewをViewControllerのViewのsubViewとして追加
  [self.view addSubview:self.webView];

  // Delegateの設定
  self.webView.navigationDelegate = self;
  self.webView.UIDelegate = self;]
}

- (void)viewDidAppear:(BOOL)animated {
  [super viewDidAppear:animated];

  // Web画面の表示
  NSURL *url = [NSURL URLWithString:InitialURL];
  NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:url];
  [self.webView loadRequest:request];
}

たったこれだけでWKWebViewを実装することができました。

WKWebViewとUIWebViewの性能を比較してみる

気になっていた本題に入ります。
UIWebViewはJavaScriptの実行速度がSafariの約1/4と言われてきました。それが、WKWebViewの出現により、Safariと同等のJavaScript実行速度にまで引き上げられました。
という話から実際にWKWebViewとUIWebViewのJavaScript実行速度を比較してみようと思います。
今回利用するWebソースは下記です。

index.html

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
      <meta charset="UTF-8" content="text/css" http-equiv="Content-Style-Type" />
      <meta content="width=device-width, user-scalable=no,minimum-scale=0.5, maximum-scale=1.0" name="viewport" />
      <title>テストサイト</title>
  </head>
  <body style="background-color: blue;">
      <div>テストサイトです。</div>

      <button type="button" id="testBtn" onclick="">テストボタン</button>

      <script src="./js/jquery-2.1.1.min.js"></script>
      <script src="./js/index.js"></script>
  </body>
</html>

jQueryは最新のバージョン2.1.1を利用しています。

index.js

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
$(function() {

  $(document).on("click touchEnd", "#testBtn", function() {
      //window.alert("test");
      //$("body").css("background-color", "red");
      var startTime = new Date().getTime();
      for(var i=0; i < 5000000; i++) {
          console.log(i+"回目のログ");
      }
      var endTime = new Date().getTime();
      var diff = endTime - startTime;
      $("body").append("<div>時間: " + diff + "</div>");
  });

});

これは簡単に言うと、大量のforループを実行し、その処理時間を画面に表示するというものです。
結果は下記になりました。
※iOS8に対応した実機がないため、シミュレータでのテストになります。

UIWebView: 5,098.4 [ms]
WKWebView: 4,495.6 [ms]

4倍とまではいかなくても確かに実行速度は向上しているようです。
近々、実機でも試してみる予定です。

今日はここまで。

Comments