Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

Unityが無料になっていました!

| Comments

気軽にUnityが使えるようになりました

さて、久々にブログを書きます。ここ最近はハッカソンへの参加, 準備などで全然書けていませんでした。書きたいネタはいくつかあったので少しずつブログを再開しようと思います。
本日はUnityで遊んでみた話を書きます。私も以前からUnityの存在は知っていたものの、実機で動かすのにお金が必要ということで触ってはいませんでした。しかし、今は無料なんですね!!
その辺含めて、私がUnityを触ろうと思ったきっかけから書きます。

2013/12/12にドラゴンクエストⅧがSQUARE ENIXからiPhoneアプリとしてリリースされたことは記憶に新しいと思います。PS2で発売された当時は大学受験まっただ中で遊んでいる余裕がなかったことが思い出されます。そんな懐かしさから早速インストールしてみたところ、びっくり!!なんとUnityのロゴが映し出されるではありませんか!!

DQ8を起動するとこの画面が!!

かの有名なゲームもUnityを使っているなんて!やはり、法人はお金があるから余裕なのかな?なんて思いながら、ふとUnityをググって見ました。するとUnity公式ページiOS と Android を含む個人・小規模開発者向けのモバイル向け機能を完全無償化という発表が記載されていました。(2013/5/21時点での話なので、だいぶ前から周知の話なんだろうな〜)

これは企業の気が変わる前にインストールするっきゃない!と即効でインストールしてみました。興味がある方は公式ダウンロードページにアクセスしてみてください。(最新版は4.3.2)

これから無料で2D/3Dゲームが開発しやすくなるということでワクワクしてきました。ってことでまずは手始めにUnity 入門なんてワードで検索し、このページにたどり着きました。
で作ったのが下記アプリ。
Unity入門を読んで作成したアプリ
これはiPhoneの傾きを検知して表示されているキューブを角度を変えて見ることができるという単純なものです。入門記事を読んで頂ければわかるのですが、コードはJavaScriptで少し書いただけです。(あとは基本的にドラッグ&ドロップ)

今はまだ、どこに何があるのかわからないような状態ですが、使いこなすことができれば非常に簡単にゲームを作ることができそうです。今後、少しずつ触ってみようと思います。

Comments