Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

FMDBを使って簡単にiPhoneのローカルストレージを活用しよう!

| Comments

iPhoneのローカルストレージを開発で活用しよう!

本日はiPhoneのローカルストレージ活用方法について簡単に紹介したいと思います。
iPhoneアプリを開発するにあたって、データ保管のためにDBサーバを活用したくなることがあると思います。しかし、個人で開発するにはレンタルサーバを借りるだけでも一苦労…。毎月お金もかかる…。そもそも保存したいデータ量も大きくないし…。なんてことがあるでしょう。そんなときは迷わず、iPhoneのローカルストレージを使いましょう!!

FMDBを使おう!!

iPhoneローカルストレージを使うなら、非常に便利なFMDBをぜひダウンロードしましょう。
FMDBはMITライセンスということもあり、商用でも簡単に導入できます。

では早速、使い方を説明しましょう。
1: GitHubよりFMDBをダウンロードします。
2: fmdb-master/src/ 配下のファイルをコピーしてFMDBを利用したいXcodeのプロジェクトフォルダ内に置く
※ただし、fmdb.mファイルは不要
fmdb.m以外を利用する
fmdb.m以外をXcodeプロジェクトに追加
3: libsqlite3.0.dylibフレームワークをXcodeプロジェクトに追加
※これがないとエラーが出るので注意
libsqlite3.0.dylibフレームワークの追加
4: FMDBを利用するファイルでFMDatabase.hをimportする
FMDatabase.hをimportする

これでFMDBを利用することができます。

FMDBを使った具体的な書き方

次にFMDBを使った具体的な書き方について説明したいと思います。

DB接続の書き方
DB接続方法は下記だけです。

1
2
3
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

DBの開閉

1
2
3
4
//DBを開く場合
[db open];
//DBを閉じる場合
[db close];

上記がDBを扱う上での基本になります。

tableの作成
ここでは上記の基本を含めた一連の流れを書きます。
下記ではTEXT型のuid, createtimeを持ったusersという名前のtableを作成しています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
//DBの呼び出し
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

//tableの作成
NSString *sql = @"CREATE TABLE IF NOT EXISTS users (id INTEGER PRIMARY KEY,uid TEXT,createtime TEXT);";
[db open];
//クエリの実行
[db executeUpdate:sql];
[db close];

以下、説明することは上記で作成したtableを利用しています。

select文の実行
下記ではuidを取得する例を書きます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
//DBの呼び出し
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

//select文の作成
NSString *select = [[NSString alloc] initWithFormat:@"SELECT * from users"];
[db open];
FMResultSet *rs = [db executeQuery:select];
NSString *uid;
while([rs next]) {
  uid = [rs stringForColumnIndex:1];
}
[db close];

insert文の実行

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
//DBの呼び出し
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

//insert文の作成
NSString *createtime = @"20131130011728462";
NSString *uid = @"user01";
NSString *insert = [[NSString alloc] initWithFormat:@"INSERT INTO users(uid, createtime) VALUES('%@', '%@')", uid, createtime];
[db open];
[db executeUpdate:insert];
[db close];

update文の実行

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
//DBの呼び出し
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

//update文の作成
NSString *createtime = @"20131201054830467";
NSString *uid = @"user02";
//DBにレコードが1つ追加されていて、そのid=1のレコードを更新しています
NSString *update = [[NSString alloc] initWithFormat:@"UPDATE users SET uid='%@', createtime='%@' where id=1", uid, createtime];
[db open];
[db executeUpdate:update];
[db close];

delete文の実行

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
//DBの呼び出し
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

//delete文の作成
NSString *delete = [[NSString alloc] initWithFormat:@"DELETE from users where id=1"];
[db open];
[db executeUpdate:delete, [NSNumber numberWithInteger:n]];
[db close];

count文の実行

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
//DBの呼び出し
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES );
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];
FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:[dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"]];

//count文の作成
NSString *uid = @"user02";
NSString *cntquery = [[NSString alloc] initWithFormat:@"select count(*) as count from users where uid=%d", uid];
[db open];
FMResultSet *cntrs = [db executeQuery:cntquery];
if([cntrs next]) {
  NSString *count = [cntrs intForColumn:@"count"];
}
[db close];

まとめ

たったこれだけのことを知っておくだけでiPhoneのローカルストレージを使いこなすことができます。ぜひ使ってみてください!(筆者もめちゃくちゃ使っています。)

参考:
iOS で SQLite – FMDB の使い方
Objective-Cと戦うブログ

Comments