Takahiro Octopress Blog

-1から始める情弱プログラミング

WebViewのキャッシュの仕組みを見極めよう!

| Comments

WebViewとcache.manifestの関係性を知ろう!

前回はPCで見た場合のキャッシュについて調べました。本日も引き続きキャッシュについて調べてみたいと思います。
筆者が最も疑問を感じていたのはiPhoneアプリ内でWebViewを利用したときキャッシュはどうなるのか?ということです。
今日は実際に実機でテストをしながら進めます。
そしてどうせならばiOS7搭載の実機で試してみましょう!

cache.manifestのキャッシュはどこに保存される?

前回説明したcache.manifestを使用すると、そのキャッシュはどこに保存されるのか確認します。
まずはcache.manifestをindex.htmlで読み込まない以下の場合で見てみましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
<!--index.html-->
<!DOCTYPE html>

<!--cache.manifestは読み込まない-->
<html>
  <head>
      <meta charset="UTF-8" content="text/css" http-equiv="Content-Style-Type">
      <meta content="width=device-width, user-scalable=no, minimum-scale=0.5, maximum-scale=1.0" name="viewport">
      <meta name="format-detection" content="telephone=no">
      <link href="./base.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css">
      <title>Cache-Test</title>
  </head>
  <body>
      <div id="word">Cache Test</div>
      <img src="./image1.png" />
  </body>
</html>

このページを簡単なWebViewアプリに表示します。
CachePracticeという名前のアプリを作成してiOS7の端末にインストールしました。
iOS7にWebViewアプリをインストール

さて立ち上げてみましょう!
cache.manifestを設定していないページをWebViewに表示

このときのアプリ内のデータをPCにダウンロードして見てみましょう。 cache.manifestを設定していないページを読み込んだ場合
Cache.dbというものがありますね。

では次に以下のcache.manifestを読み込ませたindex.htmlをWebViewで表示した場合を見てみましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
<!--index.html-->
<!DOCTYPE html>

<!--cache.manifestを読み込む-->
<html manifest="cache.manifest">
  <head>
      <meta charset="UTF-8" content="text/css" http-equiv="Content-Style-Type">
      <meta content="width=device-width, user-scalable=no, minimum-scale=0.5, maximum-scale=1.0" name="viewport">
      <meta name="format-detection" content="telephone=no">
      <link href="./base.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css">
      <title>Cache-Test</title>
  </head>
  <body>
      <div id="word">Cache Test</div>
      <img src="./image1.png" />
  </body>
</html>

cache.manifestを設定したページをWebViewに表示
このようにApplicationCache.dbというものが作られました。どうやらcache.manifestでのキャッシュはここに保存されているようですね。
それを裏付けるようにcache.manifestに画像を新たに追加したところApplicationCache.dbのサイズが増えました

今後の調査について

cache.manifestについては大体わかりました。
次に調べるとしたらネイティブ側のキャッシュ機構です。様々なサイトでネイティブキャッシュはCache.dbで保存されると書かれています。
因みにSQLite 3.7.0以上からWAL(Write-Ahead log)方式になりました。現在普及しているiOSではSQLite3.7.0以上を利用しているため、自動的にWAL方式でキャッシュしています。 先ほど上げた画像を見てもCache.db, Cache.db-shm, Cache.db-walが生成されていることが確認できます。

これら3つのファイルのサイズを眺めているとCache.db-walがどんどん増大していきます。一方でCache.dbのサイズは大きくならないんですよね…。このことからネイティブキャシュはDB(Cache.db)からキャッシュ情報を取り出すのではなく、ログファイル(Cache.db-wal)からキャッシュ情報をリカバリしているように思えます。 もっと詳しいことがわかれば追記したいと思います。

とりあえず、今日はここまで。

Comments